2012年03月25日

変化するということ

0046.jpg

この写真は循環の家の廊下の床です。
2年ほど経った唐松ですが、少しずつ艶も出てきて、
色も飴色になってきました。


この床も顔を近づけてよく見ると、
傷がいっぱいあります。


でも物が傷つくのは当たり前のことですよね。
傷がつかない素材、見た目が変化しない素材というのは
普通に使っている限りはあり得ないと思います。


傷一つ一つが自分が使っている証で、
色の変化は年月の積み重ね。
そんな風に感じられる素材は自然に愛着が湧いてきて
ずっとずっと使っていたいと思わされます。
そして真新しいときよりもどんどん魅力を増して
いると感じます!


ハヤシ


人気ブログランキングに挑戦中!
↓ワン クリックでランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

posted by アトリエデフ at 17:42 | Comment(0) | アトリエDEF通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。