2012年01月09日

敷地の高低差を測ってきました◎

あけましておめでとうございます(^^)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真1.JPG

写真2.JPG

こちらは現在計画を進めさせて頂いているお施主さまの敷地の高低差を測ってところです。
場所は、軽井沢の別荘地。標高およそ1,000メートル。
時期は、昨年末で風がビュービューでした。
とにかく風が冷たい!さすが軽井沢です。
上の写真は、寒さにやられてかいつになく機敏な設計部長の砥石部長。丸山さんの持った棒の数値を読みます。
下は、寒さにやられた設計の丸さんです。メモリの付いた棒を持って敷地内を移動します。

計画を進めさせて頂くにあたり、まずお施主さまのご要望をお聞きし、敷地を見させていただきます。
後日、こうして敷地の高低差を測りに行かせて頂き、プランニングに入ります。
敷地は、測ると見た目以上に高低差がある事が多いです。
敷地の高さ関係は、建物の基盤となる基礎や、車の出入りのアプローチに関わってくるのでとても大切です。

こちらのお施主さまにプランをご提示させて頂いた際、
敷地と建物の模型でご説明させていただいたのですが、こんなに高低差があるとは思っていなかった、
と驚いていらっしゃいました。

こうしてまず現状を把握し、そこからどうすればよいか、と思案しながら計画を進めていきます。
敷地でお迷いの方もご相談にのらせて頂きますのでお気軽にお声をお掛けください。

ちなみにこちらの敷地では高低差を利用して、敷地内にぐるっと回れる散策路をつくり朝日を浴びるあずまやを設けよう!!という話になりました!(^^)


おぎわら



人気ブログランキングに挑戦中!
↓ワン クリックでランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

posted by アトリエデフ at 17:23 | Comment(1) | アトリエDEF通信
この記事へのコメント
goodです!
Posted by ミミズくん at 2012年01月12日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。