2009年05月26日

信州の田舎暮らし家づくり日記23

床を支える根太が敷き込まれてきました!
DSC_0319.jpg

こちらは和室になります。
畳が入る分、一段低くなっています。
根太の間に入っている白いものが羊毛断熱材です。
http://itnjapan.com/woolbreath/index.html
ふわふわした断熱材で根太の間にしっかりと隙間なく入れてギューっと引っ張って根太にパチンパチンとホチキスのようなタッカーという道具でしっかりとめていきます。
DSC_0197.jpg

DSC_0198.jpg

床以外にも壁や天井、床下の基礎なんかにもこの羊毛断熱材は大活躍しています!
充填されている様子はまた写真を撮ってご紹介します。

これで足元も冷えずにあったか〜いお家になっています。
さらにこの上に無垢のフローリングが張られると、なんとも足ざわりもきもちいい〜床になりますわーい(嬉しい顔)

DSC_0320.jpg
ロール状につみ重ねてあるのが羊毛断熱材です。
ふわふわしているので松本事務所ではこれが昼寝用のふとんになっているとか。いないとか。
さわってもチクチクしたりしないので、そんな使い方もできちゃいます。服にはちょっと羊毛がついちゃうようですが。
職人さんにもやさしい断熱材ですね。

わたなべ



人気ブログランキングに挑戦中!
↓ワン クリックでランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

posted by アトリエデフ at 00:01 | Comment(0) | 信州の田舎暮らし家づくり日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]