2011年10月10日

軽井沢「やまぼうしの家」完成見学会

軽井沢町「やまばうしの家」完成見学会終了しました。
渋滞の中、見学に来て下さった皆さま、
ありがとうございました!

お料理が上手な奥様。対面キッチンに立ちながら外の景色を眺めたり、
ワインとお料理を楽しむお友達とおしゃべりしたり♪
15.jpg

薪ストーブの火を見ながら、ゆっくりと過ごす時間。
30.jpg

ソムリエを目指すご主人念願の特別な場所。
20.jpg

すでに、床下にもしっかり収納されていました(^−^)
7.jpg

昼間は青空に映えるかわいい雰囲気の外観。
夜は、ぐっと大人な雰囲気に。
3.jpg

恒例!見学会のお昼は、「やまぼうしの家」のお庭を造ってくれた造園、
アートランドの赤尾兄弟が作ってくれました!
兄22歳・弟18歳と若干若いですが、(見た目がヤンキーですが(^−^))
赤尾社長(父)について、がんばっている若き職人です。
見た目はヤンキーですが、庭づくりの全国大会に出るのでお休みなしで
練習に、仕事に励んでいます!

はじめてつくったという、野菜たっぷり汁も、エリンギとアンチョビのソテーも
とっても美味しくできました!
0.jpg

見た目はヤンキーですが、こんなかわいいのもできます♪
ろくなことしねぇ〜なぁ。と自分でつっこんでいたので大丈夫だと思います。
4.jpg

赤尾兄弟にダンディーだと言われたDEF男性陣。
お引き渡し後に、奥さまがお勤めのパン屋さんのパンを
いただきました!
6.jpg

床のワックス塗りもして、最後のご挨拶の時、
ご主人から、それぞれをイメージし、選んでくれたワインが贈られました♪
はじめての打合せの時から、家が完成したら
ワインを贈りたいと楽しみにしていたというご主人。

砥石ぶちょうは、フランスのシャンパン。
物腰柔らかく、女性のような繊細さを持っている。
ワインの流行りの味があっても、惑わされず伝統的なその地で受継がれている
作り方でやり続ける強い気持ちを持ち合わせている。

増田監督は、チリのワイン。
情熱的で明るく元気!
けれど、優しく深い芯の強い味わいを持つ。

ソムリエさんってすごい!
家づくりも奥深いなぁと思いますが、ワインの世界もすごいです。

mi







人気ブログランキングに挑戦中!
↓ワン クリックでランキングがアップします。
応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

posted by アトリエデフ at 22:24 | Comment(1) | アトリエDEF通信